スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独断と偏見で選ぶ司法試験の基本書・参考書等

私個人の独断と偏見で、今ままで読んだ司法試験関係の本でオススメの本を列挙してみます。

気が向いたら個別にレビューでもしますが、今日のところはとにかく列挙。

私はあんまり本の好き嫌いがないので、参考になるかは不明ですが。

あと、私は単なるロースクール生の身分なので、本当に合格に役立つかはまだわかりません。


憲法

芦部憲法:勉強が進めばこそわかる、良書。

立憲主義と日本国憲法:芦部憲法では記述が薄すぎてわからないところを補完。両方読むと結構わかったりします。こちらも薄いので、どうしようもない部分はありますが…。

憲法判例を読む:判例の位置づけ、違憲審査一般について理解が深まるので良いです。まだ、あんまり読んでませんけど…。


行政法
行政法入門:藤田最高裁判事の入門書。超読みやすい。とりあえず読んでおいて損はないと思います。

事例研究行政法:問題のレベル的にちょうど良く、旧試の過去問がない行政法にあっては問題集としておすすめです。うちのローの有名教授も薦めてました。

ケースブック行政法:著者の一人の先生の授業を受けたのですが、行政法分野はなんだか結束が強いらしく、結構たくさんのローで使ってるらしいので、使うとよいと思います。個人的には設問は解かなくてよいと思います。また、「星3つは有害だから解いちゃダメ!」とその先生はおっしゃてました…。百選にも掲載されている判例は超重要なので、ちゃんと勉強しましょう。


民法
内田民法:みんな使ってるし、特にわかりやすいことも、わかりにくいこともないと思うので、とりあえずこれでいいんではないかと思います。

債権各論Ⅱ不法行為法 潮見:内田不法行為は通説ではないので、こっちで。わかりやすい良書です。


会社法
神田:良書ですが、うっすいので、私は会社法100問をコンメンタールみたいな使い方をして補完。百選の解説なんかでも補ってます。合格者は神田使用者が多かったので、これでいいと思います。

会社法100問:問題集兼プチコンメンタールな感じで使ってます。○×問題とかがついてるのが意外といいです。あとは個人的には巻末に載ってる勉強の仕方の部分がお勧めです。この部分を理解してちゃんと答案が書ければ、よい評価が得られると思います。


民事訴訟法

民事裁判入門:わかりやすくて、入門書としてはかなりお勧めです。

重点講義民事訴訟法:重要論点についてはこれで基本書以上のものを学びましょう。

使ってる基本書は新民事訴訟法講義ですが、特に良いとも悪いとも思いません。

かけこみ両訴:予備校本ですが、よくまとまってて個人的には好きです。

刑法
西田総論:授業が結果無価値なのですが、山口説はレベル高いし不用意に踏み込むべきではないと思うので、無難に西田先生。判例は西田先生の学説から因果的共犯論を採用したとも言われているので、司法試験において超重要分野の共犯部分を学ぶ際にもお勧めです。

西田各論:行為無価値だろうがお勧め。良書です。ロースクールの某若手有望教授もお勧めでした。

山口刑法(青いやつ):薄いけど、コンパクトにまとまってて、勉強が進んだ後にはすらすら読めて、すごくいいです。

新判例からみた刑法:山口先生が最新判例を検討。山口説ではないし、かなり勉強になるのでお勧めです。


刑事訴訟法

入門刑事手続法:書式がたくさんあるし、わかりやすいので、刑訴の入門書を探してるならこれで。お勧めです。

有斐閣アルマ刑事訴訟法:使ってたら先生に怒られました。でもコンパクトでいいです。ただ、先生に怒られたように、これだけでは足りません。

演習刑事訴訟法:アルマと合わせて使いましょう。ケースブックの答えは結構ここにあります。かなりいい本だと思うので、ぜひ使いましょう。

ケースブック刑事訴訟法:重いっていうのが唯一の弱点。あと答え載ってないので独習はちょっと無理っぽいですね。演習刑事訴訟法とケースブックを合わせてやれば、基本書はアルマで良いと思ってます。

刑事訴訟法の争点:これもわからないor重要論点を読んでおくとよいと思います。井上先生の強制捜査と任意捜査の区別のところは必読だと先生に言われました。

百選:百選の解説は当たり外れが激しいといわれますが、刑訴に関しては結構良いものが多いと思います。特に実務家のもの。




百選:ここに載ってる以上は、出されても文句言っちゃだめ、っていうのが定説なので、基本的には百選を使いましょう。どうしてもほかの判例集を使いたいとしても、百選に掲載されているか、という視点をもつのは大切だと思います。

判例六法:判例付きのものはいろいろありますが、百選との連関、やっぱりここに載ってるかが試験に出すかどうかの基準にもなる、と言われるので、有斐閣のものをつかうのがベストだと思います。

マインドマップ資格試験勉強法:最近読んだ本。体系が重要な法学においてはマインドマップはかなり役に立ちます。「マインドマップ」で検索でもしてみてください。

最短で結果が出る超勉強法:荘司先生の本。勉強法の本はたくさん読みましたが、一番のお勧め。ぜひご一読を。

弁護士が書いた究極の勉強法―小学生から学ぶ大人の成功法則28 :これも勉強法の本としてはお勧め。読んでみてください。

弁護士の仕事術・論理術 :矢部先生の本。個人的には好きです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。