スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト1日

今日で修習生もおしまい。
明日からは一応弁護士です。
働くのは1月からだけどね。
二回試験は無事通過。
取り急ぎ御報告です。
そして、全ての人に感謝。
とりあえず「夢」は一応叶ったことになります。

また改めてちゃんと書きます。
スポンサーサイト

あえて言う。

陸前高田市にボランティアへ行ってきました。
内容は草刈とがれきの片づけ。

なんやかんやで9カ月。
そんなのは甘い考えでした。
ただただ平地が広がり、あるのはがれきの山と流されなかったわずかの建物。
その建物も近くで見たら鉄骨が曲がっていたり、
窓ガラスがすべて割れていたり。

山に生えていた木も、海水をかぶってしまったために腐ったりして伐採されていました。
ニュースでみたようにむき出しの鉄骨やさかさまになって打ち上げられた船。
ある3階建ての建物は流されずに残っていたけれど、
その屋上のタンクや鉄製の柵はめちゃくちゃに曲がって、ひしゃげていました。
この高さまで波が来たのか、と。

外国の映画で西部劇とかで、荒野ってあるじゃないですか?
あんな感じ。
でも、全部建物が建っていて住宅街だったって聞きました。
なにもなさ過ぎて、そこが住宅街だったなんて想像もつきませんでした。
足元には家の土台とめちゃくちゃになったがれき。
日用品、バラバラになったコンクリート、ぐにゃぐにゃに曲がった鉄骨。
いろいろなものが埋まってました。

絶望するには十分すぎるほどの光景でした。
「言葉にできない」とはこのことなのかと思いました。
そして、実際に被災された方のことを思うともう何も言えませんでした。

ボランティアに行った理由はいろいろあります。
地震があってから、ただ金を出すだけでいいのか、っていう思いもありました。
ただ金だけ出して、きこえのいい言葉だけ並べて「がんばろう」なんて言っている自分に
違和感もあったし、そういう違和感を感じられないような大人になってはいかん、
という思いもあったり。
あとは修習中に出会ったある先生から、「若い人は一回見ておいた方がいい」
と言われたからです。

行って思ったことは、自分がこれまで言ってきた「がんばろう」とか、
「被災地を応援しよう」という言葉が何と軽いものだったかということです。
正直、あの場所を訪れて、あの光景を見て、被災者の方のことを思うと、
軽々しく「がんばろう」なんて言えません。
だから、被災者の方々が言う「がんばろう東北」という言葉は、
なんて重いものだったんだろうと思いました。

でも、そういうことも全部わかったうえで、あえてまた言いたいと思います。
「がんばろう東北」と。

まだまだボランティアは足りないそうです。
寒くなってきたし、たぶん私みたいに「そろそろ復興とか始まってるでしょ?」
みたいな考えの方もいるからだと思います。
ボランティアは最近減ってきているそうです。

また、十数名で作業したんですが、結局は、家一戸分の敷地の片づけすら、
1日の作業では終わりませんでした。
ぶっちゃけ、ボランティアが行ったって変わらないんじゃない?
とすら思えてしまいます。
草なんてすぐ生えてきちゃうし。
でも、ボランティアセンターの方に言われたんですが、大切なのは精神面だそうです。
私も、震災から9カ月たったって、まだまだボランティアの人が来てくれる、
そういう事実だけでも、被災者の方の心の支えになるんじゃないか、ってそう思いました。
まだまだ見捨てられてないって言うか、自分たちのために頑張ってくれる人がいるって言うか、
そういう事実が大切なのかなって思いました。

みなさんきっと忙しいと思います。
でも、できればボランティアに行ってください。
それが無理なら旅行先を東北にするとか。
花巻温泉はいいところです。
それもできないなら、忘れないでいてください。
街の様子は3月11日から何にも変わってないそうです。

私も今後はボランティア行くことは難しくなると思いますが、
今度は自分のフィールドでがんばることで、復興支援をしていけるように。
被災地で見てきたもの、感じたことを胸に、忘れずに、
日々精進し、努力を重ねていきたいと考えています。

ひさびさにー

二回試験翌日から放置しておりましたこのブログ。
あれからは沖縄でダイビングしたり、1月から住む部屋を探して契約したり、
部屋の掃除をしたり、そんな感じです。
明後日は東北行ってボランティアと観光します。

そして最近は、facebookを始めてみたけど、活用の仕方がわからない(笑)。

このブログの行く末についてはいろいろ考えたけど、とりあえず残して続けていくつもり。
結構知ってる人が見てるんだけれど、匿名をいいことに好き放題書けるのはここなので。
あと、まったく知らない人がこのブログを見てコメントくれたりするのが
とってもうれしかったので。
facebookの方はなんかイマイチね。
知り合い限定って感じになるから。

でも、このブログももうそんなに更新しないような気がします。
なんか、自分の想いを書き残しておこう!っていう気持ちが前ほどはないかなという感じで。

とかいいつつなんか書きたくなる日もあるんだろうなーとか思ったり。
とりあえずは二回試験の発表が来週なので、そこが終わってからいろいろかなと思います。

65期の人は修習楽しんでね!
受験生の人は勉強頑張ってね!

一夜明けて。

昨日で二回試験終了でした。
週明けくらいから65期の実務修習が始まるんですかね?
とりあえず終電まで飲んで、深夜に帰宅しました。
今日は部屋の片づけ。

二回試験の手ごたえとしては、多分大丈夫だと思う。
でも、気づいてないだけかもね(苦笑)
まあ、終わったことを気にしていていも仕方ない。

とりあえず、ゆっくりします。
と思ったけれど早速部屋探し。
そして、旅行行ってきます。

部屋を掃除してたら受験時代の答案が出てきたよ。
そして、我がローのOBの方の酷評のコメント付き(笑)
他人に酷評されようが、受かるもんだねえ。

なんだか合格したのも遠い昔って感じです。
でも、初心忘れるべからず。
二回試験合格を祈りつつ、がんばっていかないとね。

大きく。

150kmの直球を投げられるピッチャーが、
変化球でかわして結果を残してもなんだか寂しい。
小さくまとまってしまった気がするし、
誰もが憧れて、一部の人にしかない特別な才能があるのに、
それを殺してしまっている気がするから。

若手のころのダルビッシュ投手に対しても、
そんなことを野球解説者の誰かが言ってた気がする。

「人にはないもの」をもっているということは特別なことだと思う。
だから、それを殺してしまうというのはとても残念なこと。

私は、実務修習中に超理不尽に怒られることがありました。
これまでの人生でも定期的に超理不尽な説教を受けてきました。

で、見かねた同期とかいろいろな人がアドバイスをくれるんです。
そういう風に怒られたりしない方法っていうか。
具体的には、もう少し「裏表」をもったら?的なことを言われました。
そう言われて考えてみると、一理あるのです。
たぶん、私に怒ってくる人は、
なんかイライラしてたりしてとりあえず説教
→でも私は別に気にした様子がない
→ストレス発散にならなくてもっとイライラしてもっとキレる
みたいな感じになるんでしょうね。

確かに、小手先の嘘でごまかせば多少はそんな理不尽な目にあうこともないんでしょう。
実際にうまいこと立ちまわる人もいて、「なるほどなー」と思ったこともありますし。

でもなんかちがうんだなー。
自分が150km投げられるピッチャーほど特別な人間だとも思ってないし、
うまいこと立ちまわる人を軽蔑するようなことも決してないけど。

今、怒られたりするのが嫌だから、それを避けるためにちょっと演技したりする、
っていうのはなんか小手先だと思うし、
それをやったら普通の人と同じっていうか。
自分が相手をイライラさせたりして、他の人にも迷惑をかける、
とかそういう事態になったら、さすがに私も周りの人のためにもちゃんとしないと、
とは思うんですけど。
そうじゃなくて、ただ自分が怒られるだけなら、
そういう目先のことを避けるためだけに大切な自分の長所をなくすことになるんじゃないかと。

なんか「普通の人」になってしまって小さくまとまってしまう気がするんです。
だから、変わらずに行こうかなーと思っている今日このごろ。

ただ、あんまり頑固になってもいかんので、そのへんは柔軟にということと、
やっぱり他人に迷惑をかけてまで自分を貫くのは嫌なので、
そのへんも肝に銘じつつ。
しっかりと柔軟に、でも迎合せずに。
がんばっていこうと思ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。