スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦友たちよ

試験お疲れさまでした。
後悔も反省も数え上げればきりがないはず。
だけどとにかくお疲れ様。
人事を尽くした皆様、天命を待ちましょう。

試験を4日間受けた人にだけしかわからない大変さがありますよね。
私は試験を受け終えた瞬間、なんか試験会場にいる人みんなと飲みに行きたいくらい、
みんなよくこのつらい4日間乗り越えたよね!ってテンションになりました。
これでみなさんも私も戦友です。

とりあえずはゆっくり休んでください。
ちょっと休んだらまったり就活でも始めたらいかがかなと思いますよ。
行きたいかどうかにかかわらず、この時にしか見れないものがたくさんありますから。
私は就活1周年を迎えることになりましたが(苦笑)、
まあ、いい経験をしてきたと思います。

あとは、旅行でも行ったらいいと思います。
合格後はなかなか暇がないですからねー。

悶々とした4カ月の始まりではありますが、それもいい思い出。
とにもかくにもお疲れさまでした。
スポンサーサイト

さあ!

ラスト1日。
あと少しで終わりです。
気を抜かずに、悔いのないように。

落ち着かないよね

今日は就活で東京に戻ってきました。
スカイツリーを初めて生で見ましたよ。
大きいね。

さて、アクセス数を見てみたら、なにやら今日のアクセス数がいつもより多いじゃない。
中日で悶々としてる人が来たんでしょうか?

いえることは一つ!
しっかり最後までベストを尽くすこと。
泣いても笑ってもあとちょっとです。
この何年間かの成果が出るかは残り数時間の頑張り次第です。
失敗したーって思うこと、たくさんあるでしょう。
でも、まだまだ挽回可能ですよ!

ピンチの時の自分が本当の自分だと思います。
ここでしっかりと最後までやり遂げること、大切です。
試験的なところは当然、今後の人生的にもね。

がんばれ!といったところで、「がんばっとるわ!」と答えたくなる気持ちは
私も十分知ってます。
でも、あえてね。
がんばれ!死ぬ気でがんばれ!後悔だけはすんな!

ハウアーユー?

受験生の皆様、どうですか?
こんなブログ見てちゃダメですよ。
中日はきっと人生で一番つらい暇な日です。
2日間が終わり、心が折れそうな人。
もう3日目からは行かない、そんな風に思っちゃってる人。
ダメです。
がんばりなさい。
あきらめ癖がつきますよ。
最後まで受けなきゃ。
日を追うにつれ、空席が増えていくという恐ろしい試験です。
正直、問題自体は非常に難しい試験ですから、どうせみんなできてないです。
おととい、一年ぶりに自分のブログの試験について書いたのを読み返しました。
まー酷い。
酷い答案を書いておる。
でも、真ん中よりは上でした。
世の中に確かなことはほとんどないと思います。
ただ、一つ確かだと思うことは、
あきらめたらそこで終わりだということです。
あきらめなければ結果が出る、というほど甘くはないですが、
あきらめたら終わりなのですから。
そこでがんばること、それが未来を拓いていくと私は思います。
そして、私は未来を拓きました。
あと2日、やりきって!

1年前に五反田でスラムダンクのコピーを持っていたのはわたくしです。

明日試験を控えている方、多くの方はもうネットなんて見てないかな。
一番伝えたいことを↓。

私の試験前日の日記

「技術も… 気力も… 体力も… 持てるものすべて…
 全てをこのコートに置いてこよう              」

この気持ちで頑張ってきました。
スラムダンクのコミックスのこのセリフのページをコピーして、
クリアファイルに挟んでひっそり持っていって、五反田TOCでひっそり見ていたのはわたくしです。

思えば法科大学院入学から千数百日。
すべてを試験の4日間にぶつけるためにがんばってきました。
どんなことだって試験に役立つかどうか、そんな視点から物事を見て。
ただただ合格の二文字だけを目指してがんばりました。
順位は別によくもなかったけれど、
試験のためにした努力や試験合格に向けた思いは
誰にも負けなかったと胸を張って言える毎日を過ごしました。

結果無事合格です。
今は毎日勉強飲んだくれてますが(笑)、
楽しいですよ、本当に。
良き仲間たちと出会えましたしね。

司法試験に合格するまでは司法試験という名の壁は、
てっぺんが見えないくらい高いものだと思っていました。
しかし、無事昇りきった今、目の前にはさらに高ーい壁が広がっています。
それもたくさん。
毎日のように自分のダメっぷりとか、裁判官って超すげーとか、
自分の力不足を感じます。
でもね、司法試験という壁を乗り越えたからこそ、
がんばればその壁も登れちゃうよね?って思っちゃえます。

修習をしていて思うのは、比喩的でもなんでもなく、
司法試験合格というのは単なるスタートラインにすぎないということ。
受かるだけの知識はあって当然、そこからどうするか、
そこからさらに学ぶこと、果てしなくたくさんあります。

でも、自分にはできないなんて一切思わないし。
めちゃくちゃ必死にがんばっての試験合格があったから、
自信だけはたっぷりです。

しっかり、「置いてきて」ください。
合格の瞬間は最高です!
皆様の健闘をお祈りしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。