スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択科目の決め方。

メリークリスマス!

といっても自宅で勉強してるだけで別に何もないですが。

新司法試験の受験をする皆さんは、選択科目をどのように決めているのでしょうか。

先日後輩から「どうやって決めます?」と聞かれたので、私なりの意見を。

まず、私は倒産法選択の予定です。

まだ2年生なので、来年別の科目を取って変更する可能性も無きにしも非ずですが、おそらく倒産法で行くと思います。

実際学んでみて、自分に合っている&結構好きだと思ったので。

具体的な選び方ですが、まず、大きく二つのアプローチがあると思います。

ひとつは好きな科目を選ぶこと。

好きこそものの上手なれ、です。

もうひとつは完全に試験対策の観点から決めること。

某教授から聞いた話では、環境法や国際私法はマイナー科目で実力者がそんなに多くないので、結構差がついたりするらしいです(真偽ははっきりわかりませんが)。

試験対策と割り切ってこれらを選ぶという考え方もあると思います。

就活においても選択科目が何だったかはほとんど影響しないそうなので。

では、具体的に何を選択するかですが、私個人は労働法・倒産法のどちらか、というのが無難だと思います。

人数が多いので友人と協力して勉強がしやすいこと、参考となる文献が多いことなどがメリットです。

特に好き嫌いとかがないのであれば、どちらかでよいのではないでしょうか。

労働法については勉強していないので、詳しく知りませんが、判例など暗記すべきことが多いようです。

一方で、倒産法は改正があったので大体条文に書いてあり、暗記量はそんなに多くありません。

趣旨を理解し、条文を正しく読むことができれば大丈夫です。

あと、基本的には債権者の平等、配当を最大化する、破産者の経済的更生などの方向で考えていけば足りるので、そんなに難しいものではないと思います。

そんなわけで、条文を読むことがあまり苦でなく、暗記嫌いなら倒産法。

条文読むのダルいし暗記で何とか頑張っていくというなら労働法。

ざっくり言うとそんな感じになるんですかね。

労働法についての発言に責任は持てませんが…。

ま、2年生のうちにある程度絞って授業をとってみたらいかがでしょうか。

自分にあえばそのまま選択科目として頑張ればいいし、合わなければ3年生で別の授業を受けてみればいいのではないでしょうか。

時間はそんなにないとは思いますが、選択科目の勉強もがんばりましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。