スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は爆発だ。

岡本太郎は最高だ。

最近、彼の語録を読み返しているが、今だからわかる深みがある。

19歳くらいの頃に買ったのが「自分の中に毒を持て」。

熱く、激しい。

そんな太郎の虜になって早5年。

川崎市にある岡本太郎美術館。

彼の作品を見て、心臓をぐっと直接わしづかみにされ、揺さぶられた、そんな感動があったことを今でも鮮明に覚えている。

絵の前に立ちすくんで動けなくなるような不思議な感覚。

決して心地いいものではなかったけれど、えも言われぬ感動があった。

19歳のとき初めて彼の言葉に触れて、たくさんの感動をもらった。

しかし、今、再び同じ言葉に触れて、そこから得られるものは5年前とは全然違っていた。

当時わかったつもりでいた言葉の深みがわかったり。

きっと、今でも彼の言葉、作品の本当の価値を私はわかってはいないと思う。

だけど、5年前とは違った。

それはきっと、成長の証。

努力が少しずつ実を結んできた結果。

5年後の自分は、彼の言葉にどんな感動をもらえるのだろうか。

それを楽しみにできるくらい、毎日成長できる、そんな自分でいたいと思う。

「自分の中に毒を持て」。

私の宝物の一冊です。

人生に迷い、つまづいた。

そんなとき、ぜひ、読んでみてください。

とても20年以上も前に70過ぎの人が書いたとは思えない、熱さ、激しさ、新しさを感じるはず。

そして、大切なことは、なるほどと思って終わりにしないこと。

実行に移してこそです。

ま、彼のような生き方はかなり難しいですが、心のありようを変えるだけでも大きなことだと思います。

熱く、激しく。

クールでも静かに燃える、そんな男でいたい。

「敵は自分自身だ」 by岡本太郎。

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)岡本 太郎

青春出版社 1993-08
売り上げランキング : 1175

おすすめ平均 star
starウツロな時代に対する警鐘
star自分にとって初めての哲学書
star生き方考え方が

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。