スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

してはいけないこと。

自殺は罪か?というのが刑法上問題とされることがあります。
自分自身を殺害することは殺人じゃないかって話で。

自殺なのかどうかは明らかでありませんが、
一プロ野球ファンとして小瀬選手の転落死は非常に悲しいです。
御冥福をお祈りします。

さて、刑法上のお話としては、自己決定権、いわば「死ぬことも自由だ」ということを根拠に、
自殺は罪ではない、というのが通説的見解だったと思います。
…ここまでは、法律上のお話で、頭で考えただけのお話。

みなさん、誰だっていろいろ抱えていると思います。
私にだって、あなたにだって、毎日充実してて悩みなんてなさそうなあの人にだって。

生きることは基本的につらいことだと思います。
いつだって悩みがあって、これが終わったらきっと楽になる、そう思ったってまた次の悩みがやってくる。
きっとずっとそんな調子。
だけど、そんな中で大切な人に出会い、うれしいことがあって、
捨てたもんじゃないかも、ってまた今日も頑張る。
そんなもんなのかなと思っています。

自殺をする人を責めるのはきっと酷なこと。
だけど、あえて、絶対にしてはいけないことだと言いたいです。

私の中で、絶対にしてはいけないこととして一つ。
人を傷つけること。
もちろん、今までの私は浅はかだったり、未熟だったり、
そんなわけで、たくさんの人を時には故意に傷つけてしまいました。
どうせそんなにきれいな人間じゃないし、バカな私のことですから、
これからもきっと多くの人を傷つけてしまうことでしょう。
だけど、自分自身の中で絶対にしない、って決めたら、前よりは多少マシになるかなって。

仮に自殺をすること自体は仕方のないことだとしても、
大切な人を傷つけること、それは決してしてはいけないことだと思います。
だから、死んじゃ駄目です。
絶対。

どうして自分が助けてあげられなかったのか、気づいてあげられなかったのか。
そんな思いをずっと抱えて。
そして、何よりも大切な人を亡くした悲しみ。
そんな悲しみを味わわせる権利なんて誰にもないと思います。

だから、あえて言わないと。
死んじゃ駄目です。絶対。
そんな簡単な話じゃないことは百も承知です。
でも、だからこそ。

私も正直死にたいと思ったことはありました。
でも、本気で自殺まで考えたことはないし、
こんな私に本気で悩んでいる人の気持ちなんてわからないと思います。
ただ、一つ言えることとしては、私は死にたいと思ったことがあったけど、
今、生きていて本当によかったです。
いやなこともたくさんあるし、未来は不安だらけだけど、
でも、生きていることは楽しいです。
だから、みなさんも生きましょう。
いつかきっと、生きていてよかったと思えるはずなので。

最後に。
かりゆし58 「さよなら」 詞 前川真悟より
「僕が生きる今日は、もっと生きたかった誰かの明日かもしれないから」

私は今日も明日も一生懸命生きていきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。