スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロースクールの選び方とか就活とか

もう試験から2年近くたっちゃうし、
司法試験関連のアドバイスなんておこがましいわたくしですが、
修習や自らの就活を経たうえでの、ロースクールの選び方でもちょろっと書いてみようかと。
まあ、一意見として軽く考えていただければ。
あとは派生して就活についても。

基本的な視点としては2つ。
①司法試験に合格しやすい環境であるかどうか
②就職のしやすさ

単純に言えば、いわゆる上位校であればどっちも満たしますよ。
まあ、某最高学府は試験対策はしないのがポリシーらしいんで知りませんが。

①の合格しやすさについては、
周りのレベルや環境というのも結構大事な要素だと思います。
なんやかんやゼミとか組めた方がいいのでね。
ゼミも組めないようなのはいかんですし、
ゼミを組んでも無意味、ってのもいかんです。
そういった意味ではやはり上位校がよいかと。

ただ、同期の人と話したりしてわかったことなんですが、②の就職面では、
実は受かる人数が一桁とかのロースクールのほうが、意外と就職できたりします。
そういうところは結構コネクションの強いところがあり、
かつ、合格人数も少ないので、なんやかんやその枠で就職できたりすることもあるみたいです。
むしろ中途半端なレベルのローより良かったりするということも。

でも、正直言って、やっぱり学歴社会ですよ。
なので、入れるんであれば上位校へ。
自分が面接落とされた事務所なんかでどういう人とったのかなーと思ってみてみたりしたんですが、
見事に学歴が高い!
ああ、最初から勝負決まってたんですね、とそんな気分でした。
人柄重視って強調してたのになーみたいな。
まあ、人柄も素晴らしいのかもしれないんですけどね。
あとは、いわゆる任官任検も、どの程度重視されるかは全く私は知りませんが、
やっぱり学歴がいいほうがいいと思います。
すくなくともマイナスに働くことはないですから。
いつそっちの方向に行きたいと思うかはわかりませんので
(実際修習中に志望を変える人も当然います)やっぱり少しでも上位校を目指すのがベターかと。

そんなわけで、選び方としては、基本的には、「目指せ上位校!」で。
浪人してでも、っていうのは一年遅れるだけで就活状況が大きく変わっていくので何とも言えないです。
一年遅くなるだけ+本当に上位校に入れる、とかならロースクールを浪人するのもありだとは思います。
まあ、難しいですね。
で、まあ、あとは、中途半端なレベルのロースクールよりは、
ほとんど受からないようなところのほうが、意外と就職できたりするよ、ってことです。
でも、勉強環境っていう面ではそもそも合格できないっていうリスクもちゃんと考えるとよいかと。

次に、軽く就活について。

自分がやられて嫌な気分ではあったものの、
もし仮に自分が採用する側に立つのであれば、やっぱり、上位校、若手、高順位、
その辺を採用するという感覚は理解できます。
人柄は+αあるいは、人柄が超よければその辺も、って感覚でしょうか。

理由としては、あくまで確率論ですが、優秀な人を採用できる可能性が高いから。
もちろん、学歴、年齢、順位にかかわらず、優秀で素晴らしい人柄の方はいます。
ただ、人柄、という部分はぶっちゃけ、面接したくらいじゃわからないでしょ。
すんごい良ければ分かるかもしれないけども。

で、なんで優秀さにこだわるか、といえば、これは私が感じたことからの仮説ですが、
仮に経営者であれば、自分で取ってきた仕事を早く処理してくれさえすればよいわけです。
自分で仕事を取ってくることを期待なんてしなければ、一緒に仕事して嫌、
ってほど人柄が悪いんでなければ、早く、内容の良い起案を書いてくれれば十分なわけでね。
で、公募かけてる事務所って、結構仕事が増えすぎてさばけないから採用、ってところが多いんです。
あとは公募かけちゃうと応募数がすごいことになりますから、
そうなると、やはり学歴、年齢、順位、そのあたりが重視されざるを得ない気もします。
しかたないのかなーと。

修習中に、ある実務家の方に、意外と公募より紹介のほうがいいところに就職できるみたいだよ、
と言われました。
実際そうだろうなと思います。
まあ、当然全部が全部↑に書いたみたいな考え方ではないと思いますが、
そういう考えで取られたら、やっぱり条件は悪いわ、簡単にクビにされるわ、
ってこともあり得るわけで。
毎年2000人増えるんなら次にとればいいだけだしね。
ましてや買い手市場。
公募じゃないところは、そろそろ後輩指導とか、ちょっと業界に貢献しようかな、みたいなこととか、
あの人の紹介じゃぞんざいにあつかえない、とかそういうのありますから、
条件が良かったり、しっかり育ててくれたり、すぐに独立しないといかん、
みたいな空気にならなかったり、という点でよいようです。

そんなわけで、無理に公募で探すよりは、さっさと紹介してもらえるように動いていったほうが
よいかな、と思います。
どうせほとんどの人は公募じゃ決まらないので。
ともあれ、がんばってください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。