スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから僕はアイロンをかける~その2

前回と同じタイトルで。
さて、アイロンをかける理由のもう一つは節約です。
クリーニングに出して取りに行くのもめんどくさいし、
修習時代からやってて慣れてるので、時間的にはそんなにかからないので、
自分でやることにしています。

で、なぜ節約か、というところなのですが、
お金がないわけでは…まあ、ないです。
ちゃんとそれなりにもらってます。
ただ、将来への投資とかで結構お金が出てってますが(涙)。

他にも節約する理由はあります。
それは、生活水準をなるべく変えないようにすること。
なぜそう考えるか、それは、もう何年も前に出会った言葉を大切にしているからです。

「のっぽさん」こと高見映さんの言葉。
「プロ論3」という本から。

「あえて質素な家に住み、ボロボロの車に乗る。
 いい仕事をしたいなら、お金で動かないこと。」

やりたいことって必ずしもお金にならないと思います。
もちろん双方が一致することがベストです。
また、私たちの仕事柄、「金にならない仕事」をするには
「金になる仕事」もしなければなりません。

だから、そう簡単にはいきません。
でも、男なら、札束でほっぺたひっぱたかれても「断る!」といえなくちゃ。

言ってしまえば所詮はきれいごと。
でもやっぱり、気高く生きること、それを目標にがんばります。
私の敬愛する岡本太郎。
彼の言葉の中にはこんなフレーズが出てきます。
「精神の高貴さ」

だから、あんまりぜいたくしないように。
お金を手放すのが嫌だから、なんて行動基準を持たないように。

だから僕は今日もアイロンをかける。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。