スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の自己分析その1

人からいろいろといわれることを含めての最近の自分を自己分析してみよう。

自分の特徴は、おそらく自分を含めたすべての人に対して、
"色眼鏡"なく評価できるという点だと思います。

まずは、他人に対して。
これまでいろいろな人と話をしてきて学んだことが一つ。
人のうわさなどは当てにならない。

Aさんが「Bさんは嫌な奴だ」と言っていたとする。
でも、会ってみると意外といいやつだったりする。
じゃあ、AさんがBさんのいいところをちゃんと見てあげない悪いやつなのか、
といわれると、決してそうではない。
たぶん相性やタイミングの問題。
AさんはBさんと合わないのでしょう、きっと。
なんというか、本当にみんながみんな「あいつは最低だ」
なんて言う人は、ほとんどいません。
全くいないとも言いませんが…。

基本的にはどっかにいいところがあって、同じようにどっかに悪いところもあって。
相性次第でそのいいとこにばかり目が行く人と、悪いとこばかりに目が行く人がいる。
それだけのことじゃないでしょうか。

そう考えるなら、その人は自分にとってはどうなのか、
というところをフラットな目で見ればいいじゃない、
そんな風に考えています。

そんなわけで、私は「子どもだから」とか、「あいつは地位が低いから」とか、
逆に「あの人は名のある偉い人だから」とか、「有名な人だから」とか、
そんなことはあんまり考えないんです。
その結果、あんまり人にこびません。
っていうか苦手なんですよね、いわゆる「世渡り」というのが。
そのせいなのか、たまーに「偉い人」にめちゃめちゃキレられるんですよねー。
「もっとうまいことやったらいいのに」なんて言われることもしばしば。
でもね、できないので。
やらないのがプライド、という部分がないわけでもないんですけども、
どっちかっていうとできないだけ。
そういう器用さは残念ながらないのです。
そういう人をうらやましいなーと思うこともあったのですが。
最近は開き直っております。

だから、常に全力フルスイング。
空振りすることもあれば、気持ちよく飛んだと思ったけれどファウル、なんてこともある。
でもフルスイングした後は知らない。
なるようになれ。
そう思っています。
「自分は思いっきり振りました。でも三振しちゃいました。
 言い訳はしないです!すいません!」
そんな形で開き直っていますので、言い訳せずに堂々と怒られに行きます。
そんな私の姿を見て
「怒られるのがわかっていて言い訳もせずに怒られに行ける君はすごいよね」
なんてほめてくれる人もいました。

ま、いいことなのかはわかんないですけどもね。
そんなこんなで、あらゆる人に対して公平に。
そんなところが自分の特徴なのかなあ、なんて思ってます。
長くなりそうなのでそのうちその2を書こうかなーと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。