スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これではいかんので

さて、今日ブログを書こうと思ったのは最近の自分に活を入れるためです。
(余談ですが「喝」を入れるだと誤りなんですね~。)

敵は、誰なのか。
例えば司法試験受験生。
あなたの敵はだれなのか。
同じ試験を受けるライバルか、もしかして考査委員か。
私が受験時代に思っていたのは、ライバルでも考査委員でもありませんでした。
バリバリの精神論になってしまいますが、敵は、自分自身です。

私がそう考えたのは、岡本太郎がそんなこと言っていたからです。
彼のポリシーは敵は自分自身であり、人生は自分自身との戦いなのだと。
私なりの解釈ですが、きっと彼は、たくさん世間から叩かれたりしたとき、
叩く人間ではなく、叩かれることで心が折れてしまいそうになる自分、
それこそが真の敵なのだと考えていたのではないでしょうか。
また、私の大好きな彼の言葉にこういうものがあります。
「人生は他人を負かすなんてケチくさい卑小なもんじゃない」
そう、他人は敵なんかじゃない、というより勝負の対象ではないのでしょう。

相対する相手方、それこそが敵だとそう考えがちです。
しかし、きっとそうではなくて。
相手方に負けたらいやだとか、こういうことを言ったら批判されるとか、
そういったことを勝手に考えて弱気になってしまう、
そういう自分自身こそが敵。

弱気に負けそうになったら自分自身に打ち勝って、がんばる。
その結果、敵と思われていた人たちを見返したりできるのではないでしょうか。
敵だと思われていたものにとらわれたりせずに。
そんなのを意識しているうちはきっと自分はまだまだです。

そんなわけで、受験生の皆さん、
敵は自分自身です。
周りを出し抜こうとか、蹴落とそうとか、そんなことを考えるのではなく、
精いっぱい努力をして、「もうつらい、いやだ」という自分に打ち勝って頑張ってください。
そうすればきっと合格します。

そして、自分自身にも活を。
最近の私はなんだか「守りに入っている」そんな気がするんです。
「こういうことは通らなそうだからやっても無駄だ」
「こんな主張は無理スジで笑われちゃいそう」
そんなことが頭をよぎってしまうのです。
そして、つい弱気になってしまう。
無難な道はどこか、と探してしまう。
自信がなければ説得力もなくなる。
それは悪循環ですね。

アラサーではありますが、まだまだ若者。
守りに入ってどうするのか。
失うものなどあるのか。
あるとしたってそんなもの、何の役にも立たなくて、
むしろ単に害悪にしかならない、とってもとってもつまらないプライドだけでしょう。
なりふり構わず、一生懸命に。
恥をかいたら酒の肴にしてみんなに笑ってもらえばいいじゃない、
それぐらいのおおらかさでいなければ。

今の自分のことをそれほど大げさに考えているわけでもないですが、
きっと人生にはいくつかターニングポイントっていうのがあって、
そこでどうするか、それが後々の人生を方向付ける、そういうことってあると思います。
迷ったらしんどいほうを選ぶ、それぐらいじゃなきゃきっと成長しませんよね。

よし、頑張る。
勝手に「目の前に高い壁がありそう」なんて考えて、
チャレンジすることすら忘れてしまう、そんなことがないように。
つまらない大人にならないように。
いつまでもギラギラしていないといけない。
「かーつだ!活!」(日曜朝の某番組風に)笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。