スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「棚上げ」

「棚上げ」という言葉を聞いて、どう思いますか?
なんとなく、マイナスなイメージな気がします。
しかし、最近個人的にお気に入りのフレーズだったりします。

最近よく思うんですが、世の中「正解思考」とでもいうべきことが
強くなっている気がしませんか。
わかりやすく言うと「正解至上主義」というか。
物事には必ず唯一の正解があって、
それにフィットしなければいけない、みたいな感じでしょうか。

私は別に何かを研究しているわけでもないので、
なんとなくの仮説ですが、今はわからないこともインターネットで
すぐに調べられ、答えが得られる、そんなことも関係しているのかなと思います。

今は答えを知ろうと思えばすぐにわかる時代ですよね。
そんな中で、すぐに正解を求めがちなのではないでしょうか。
私は出身ロースクールの関係で司法試験受験生と話したりする機会もありますが、
たいてい、「勉強方法はどういったものがいいですか」
「点の取れる答案の書き方を教えてください」
「どの教科書を使えば合格しますか」
そんなことばかり聞かれます。
もちろん、あくまで参考までに、ということなのかもしれませんが、
個人的には、その人その人に合ったものってありますし、
合うか合わないかっていうのは試してみないとわからないと思います。
「最近いまいち実力が伸びなくて…」なんて悩みを言ってくる人から
さらに話を聞いてみると、たいてい「単純に勉強不足でしょ」
と突っ込みたくなったりもします。

また、一回失敗してしまったからすぐにダメだとか、
そういう風に考える人も多い気がします。
最近のはやりでは「ゆとり」なんてフレーズで片づけてしまうのかもしれませんが、
忍耐強く結果が出るまでやる、というよりは、
失敗したからすぐ次、という発想をする人が増えているのではないでしょうか。
個人的には「もう少し頑張ったらいろいろ見えてくると思うんだけど…」
なんて思うこともしばしばです。

さて、何が言いたいかというと、
私は、現代の「正解思考」、すなわち、
物事には必ず唯一の正解があり、それにフィットしなければならない、
そんな風潮は大嫌いですし、間違っていると思っています。
唯一の正解があると信じるからこそ、多くの人は正解を求めます。
でも、人生で確かな正解のあることなんてありますか?
ないでしょう。
「こうある方が望ましい」という価値観だとか、
それこそ法律なんかの守らなければいけないルールというものはあります。
でも、「絶対にこうでなければいけない」そんなものはありません。

だから、私は「棚上げ」という言葉が好きなのです。
「よくわからん。保留!」として、
さっさと次のことを考える。
第一ちょっと考えてわかるようなことならはじめから悩むわけないんだから。
私は「わからない」ということは絶対に「間違い」ではないと思っています。

例えば、自分の生きる意味だとか、存在価値だとか、
そんなものはいくら考えたってわからないんだから、
別に考えなくたっていい。
そこに正解なんてないと思います。
強引に正解を導くというならば、
自分が「これだ!」と思ったもの、それが正解でしょう。
世の中にありふれた価値観だとかそんなものはどうだっていいんです。

だから、そんなものは気にするな。
わからないならわからないでいい。
そう言いたいです。
世の中の人の多くが「正解」にとらわれてとても窮屈に生きていると感じているので。

実は以前の自分は「正解思考」が強すぎて、
いつも何かにおびえていました。
今の自分がもしあのときの自分に何か言うのなら、
そんなことを考えながら書いてみました。

「こうすべきだ」「こうでなければならない」
そんなことばかり言われていたり、考えていたりしませんか。
どうだっていいと思います。
「よくわかんないけど、今日も楽しく一生懸命生きよう」
私はそんな感じで毎日過ごしています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。