スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんとした人間もいるんだよ。

世の中はクソなのか?

え、いきなり何を?と思われたかもしれませんが、
その問いに対する私の答えは、
「当たらずとも遠からずですね」
といったところでしょうか。

私もそれなりに思春期にいろいろ思うことはあった日々を過ごしてきましたし、
大人なんてみんなクソヤローだくらいに思っていた日もありました。
このブログでも定期的に「自分の周りの弁護士は自分が思う人たちとなんか違う」
と失望された方がいらっしゃり、
過大評価されてる気も大いにしますが(苦笑)、
私のブログを見て「こんな人もいるんですね」と言ってくださる方がいます。

なんというかですね、おそらく数は少ないのですが、
ちゃんとした大人っていうのはいます。
心から尊敬できる大人っていうのはいます。
ただ、あんまりいないのでなかなか出会えないのですが。

だから、世の中はクソなのか?
と聞かれたら、そういう大人は多いけど、そうじゃない人もいますよ、
といった答えになります。

何が言いたいのかっていうとですね、
一生懸命生きてきて、でもなんかいろいろ違って、
失望している人、
世の中そんなに捨てたものではないですよ。
どの業界にだって、ちゃんとした大人は絶対にいます。
だから、あきらめないでほしいんです。
世の中に絶望しないでほしいんです。
特に思春期の人や学生さん。
今は世界が狭いだけで、たまたま周りに信用できる人がいないだけです。
いつかきっと、ちゃんと優しくて、尊敬できる人に出会えます。
だから、絶望して、あきらめたりしないでください。

ただ、残念ながら本当に尊敬できる方ってそんなにいないので、
なかなか会えないのが実情です。
大切なのは、そういう人に出会えるような人間になることです。
ただ世の中に失望しているだけでは出会えません。
ふさぎ込んでいるだけでは、いつか自分に手を差し伸べて
絶望から救ってくれる人は現れません。
望むなら、努力をしなければいけないと思います。

それは、多くの人と交流をしろ、というのではなく、
自分自身も自分の理想像に近づけるように努力をする、ということです。
尊敬できる人に出会いたいなら、自分がまずは尊敬されるような人間になれるよう頑張る、
実際に尊敬されなくてもいいんです。
そういう努力をすればいい。
それは難しいことではなく、ちゃんとあいさつをする、
感謝の気持ちを言葉にして伝える、
辛そうな人がいるので席を譲る、
それくらいで十分です。
そうしていると、偶然なのか必然なのかはわかりませんが、
自分の理想像に近い方に出会える日がきっと来ます。

もうがんばれないよ!
っていう方、無理はしなくていいので、
あきらめないでください。
でもちょっと余裕が出来たらちょっとだけ頑張ってください。
いつかきっと、出会える日が来ます。
一通り世の中に絶望して、それでも今は周囲の方に恵まれている私の体験談です。
世の中はそんなにクソではありませんから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。